純粋さ

| EDIT

正直、純粋な人、ひたむきな人ほど苦しんだり悩んだりすることが多いと思う。
1つの物事に余りにも強く向き合うことで、見えてくるものも多く、そして深いと思うから。

こう思ったのは、自分が好きな歌の歌詞って、だいたいが周囲との軋轢や上手くいかない自分に対してのもどかしさやいら立ちを歌っているものが多いなって感じたから。

自分が大好きな、ブログ名の由来にもなった歌の作者ジャクソン・ブラウンは夢を追っていたこ自分と現実に塗りつぶされ、商業的な音楽しか書くことを許されない現実に対して、そこで生きていくしかない自分を「プリテンダー」で自嘲気味に歌っている。
さだまさしさんは戦争などの現実にある理不尽を知りつつも自分たちの暮らしを第一に見ざるを得ない、見て見ぬふりをしている現実を「前夜」「遥かなるクリスマス」で歌っている。

これは歌だけじゃなくて作品のキャラクターにも言えることかなと思う。
シンデレラガールズの矢口美羽は、アイドルとして活動を進めているうちに、自分の方向性に悩むことがある。その直前にはファンが一人でも全力を尽くすと意気込んではいたが、先輩たちの活躍を見て自分も一発ギャグなどを磨いた方がいいか、などを考えていた。
普通にやっていてもダメなのかもしれない、だから今以上にもっといいものを、ファンに喜んでもらうために。自分の足りなさや相手の凄さが見えるのは、それだけ純粋に、ひたむきにそれに向き合ってきたからに他ならない。

純粋に、ひたむきに向き合うことは苦しみや悩みを伴うことなのかもしれないが、自分はそういう人が好きで心から尊敬しているし、そういう人間になりたいとも思っている。それだけ真剣な人は、どれだけ壁にぶつかっても「仕方ない」などの適当な理由を付けて諦めたり妥協したり、他に移ったりしないからだ。決して逃げずにそれを乗り越える。
そういう勇気のある、強い存在に、自分もなりたいと思った。

スポンサーサイト

Category: 日々の生活

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。