誠意と礼儀(後半はいつも通り美羽論)

| EDIT

基本、自分は顔を合わせたことが今までない人や目上の人、初対面の人には敬語を使い、礼儀正しく接することを心がけ対と思っている。
それは、人間関係がまだ深まってない中で、最初に相手と心を通わせるのには、誠意が必要だと思っているから。

よく、ネットで敬語を使うのは変と場所によっては言われるみたいだが、それはむしろ逆というものだと思う。
顔が見えない、今まで会ったことがない相手だからこそ、敬語を使った方がいいと思う。
実際、名前も声も知らない(ポケモン風)相手からいきなり馴れ馴れしくため口を叩かれたら、全部がそうじゃないにせよ、「なんだこいつ」って思いかねない。
そうなってしまったら、相手の心を開くのに余計時間がかかってしまう。
そんな器の小さい人間こっちから願い下げだ!って言うかもしれないが、そうも言ってられないケースだってあるだろう。大事な取引先、どうしても自分が知遇を得たい相手、そういう相手に心を閉ざされてしまえば自分にとってあまりに損失が大きい。

それに、敬語や礼儀は、相手に誠意や敬意を示す最も手頃な手段である。普通にしゃべるよりも敬語を使う方が実際は難しい。だからこそ、「あなたは自分が普段よりも頑張って話したい相手なんです」ってことを示すこともできる。(別にため口効く人間がそうじゃないというわけじゃない、むしろため口使う相手は、基本的に敬語を使うまでもなく心が通い合ってる相手なのだから)
自分が楽なやり方ではないやり方で、相手に合わせる意思を見せること、そうすれば、よほどひねくれた相手でもない限りは最初よりは心を開くと思う。

一方通行な誠意や敬意だけでは、向けられる相手を増長することにもなりかねない、と思って敬語を使うのはどうなのかと思う人もいるかもしれない。だが、それはまた逆も然りだ。相手がいくら礼儀正しく振舞ってもこっちがため口など礼儀に欠けた対応ばかりだと、相手から「こいつ増長してるな」って思われて、やっぱり心を閉ざしてしまいかねない。本当に分かり合いたい相手と向き合う時は、つまらないプライドなんてとりあえず棚の上に置いておく方が円滑に進むのだ。

……で、逆に礼儀正しく向き合ってもらえる相手に対して、無意識に増長しているということにも気を付けなければならない。

例えば、一生懸命皆を楽しませるために何でも体当たりで向き合う少女に心無い罵倒をしたりするとかね。
相手が自分に対して礼儀正しく振舞うのは、「自分が偉いから」ではなく、「相手が人に誠意を持って向き合う綺麗な心の持ち主」であるということを常に肝に銘じたいものです。

※ここから先は美羽論になりますので、興味ない方はここで引き返しを
















































01221229ba4462c480de9211ac09ee1fdcaf21b5a4.jpg

そして、その礼儀と誠意に関係することだが、細部に見える美羽の「業界人からはものすごく好かれそうなオーラ」が凄いことを感じた。たとえばこれも、用意したステージに対して、「憧れ」と素直に気持ちを表現し、そんなところに呼んでくれたからこそ頑張ると意気込んでおり、実際おぜん立てをしたスタッフやPが聴いたら、「呼んでよかった」と思うこと間違いなしだろう。これも、ステージを用意してくれたPやスタッフへの敬意や感謝が込められており、美羽の礼儀正しさを感じる。

013a84e2a24e87e81d53fd1d8ebdf6e18df6fcc39a.jpg

仕事に対して、連れてきてくれたことに感謝の意を示す。仕事とスタッフ、Pへの敬意を強く感じるワンシーンだ。

01c16830f949de556ea80f36135d9bd3ff3ebab739.jpg

実際、ハワイでも差し入れを配る気配りの良さも見せている。そして、彼女は基本同年代以下以外には誰に対しても敬語を使っている。(16歳から先は全員敬語、おそらく未央やフェイフェイは年上だが同い年のような親しみやすさがあったのだろう)

01ae8bcb49a445d9b1a04955afeb5ae3cbd92eda42.jpg
015f7f9c0ee4703083079d4c4d175bcc32a59ec457.jpg

これはほんの一例だが、基本彼女は先輩アイドルを立てることも忘れない。相手の良さを素直に認め、そしてそれを口に出せる。そういう所も、相手への敬意があるから自然とにじみ出てくるものだろう。

0165889a4238b6925ffa5867973a607cbe6ea087af.jpg

それも、彼女がいつも皆に助けられていることをしっかり分かっているからこそ、相手への礼儀を忘れないのだろう。相手あっての自分、それを分かっており、だからこそ、驕らず、常に挑戦することで応える姿勢でいられる。彼女のそういう姿勢はぜひとも見習いたい。

なお、美羽は自分が思うに、物事を多面的に見るのは苦手っぽい。だからこそ一般の感覚からズレた行動を起こすこともある。でも、目の前の事はしっかり見えている。このことも、また別の記事で詳しく書きたい。

美羽所属

初対面の相手に対して、自分のアイドルへの思い、頑張りたいという思い、だけど、しっかりこれからお世話になる人へ自分の誠意を伝える礼儀正しさ。美羽は、初めて顔を合わせる相手への接し方も、実際自分なんかよりもはるかにできていた。こういう相手に対して誠意を持って向き合う姿勢は、本当に見習っていきたい。

スポンサーサイト

Category: 日々の生活

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑